ブログ

『嘔吐物処理』

 

今月、特養介護職員さんと一緒に短時間ですが「嘔吐物処理」の実習をしました。11月はカニも解禁となりいよいよ冬到来です。食中毒は梅雨や夏など暖かい季節に多いと思われがちですが、実は一番多いのは冬です。冬の食中毒のほとんどはフライや鍋料理がとてもおいしい牡蠣など二枚貝を中心に感染するノロウイルスです。このノロウイルスの怖い所は感染力です。乾燥に強く、気温4℃~20℃で、1~2か月位は生存するとのこと。吐物だけではなく、吐物が細かい飛沫となって空気中を浮遊したり、一旦床に落下したものが、乾燥、浮遊して口に入り感染することもあります。

このように感染予防のひとつとして嘔吐物処理はとても大切です。今回久しぶりの実習で「嘔吐物処理セット」を使用し、ガウン・手袋・マスクの脱着の順番や消毒方法など手順はかなり細かかったです。実際の対応の可能性は低いと思われますが、知識としても把握しサービス事業所やご家族との関わりで役に立つようにしたいと思います。

投稿者:k3manage | Posted in 未分類 | No Comments »

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

ぽかぽかネットワーク

カレンダー

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー