ブログ

二分の一成人式

 日ごと暖かくなり、すっかり春らしい陽気になりました。
私事ですが、娘が今年小学校4年生で、二分の一成人式の歳(10歳)になりました。私が子どもの頃にはその様な式はなく、いつからなのか調べたところ、1980年代頃から始まり小学校高学年に上がる前の大切な時期で、子どもにとっても親にとっても貴重な10歳というタイミングを式典という形で祝ったのが、二分の一成人式だそうです。
 確かに、娘も少し反抗期だと感じられる場面が出てきました。この二分の一成人式を私は、とても楽しみにしていたのですが、当初2月に行われる予定がコロナの影響で3月初旬に延期になり、中旬に再度延期になり、最終的には中止となり、子ども達だけで行われることになりました。とてもとても楽しみにしていたので、中止が決まった時は、ショックで受け止めきれませんでした。そして、考えた結果、できる範囲でいいので、私と主人に家で見せて欲しいとお願いしました。娘は恥ずかしいのもあり、「いいよ。」と言ってくれたものの、直前には「えー!本当にやらないとダメ?」と拒否されそうになったので、「じーっとは見ないから、ほんの少しでいいので、、、」とお願いすると、渋々やり始めてくれました。
 タブレットで菅田将暉の「虹」を流しながら、手話で歌ってくれました。始まったとたん娘を見ないと言いながら、娘を見て音楽を聴いて感動し涙腺がゆるんできました。そして、歌が終わり最後に

「10年間大事に育ててくれてありがとう。私は自分の名前が大好きです。この家族もとても大好きです。これからもよろしくね。」

恥ずかしがりながらも、見せてくれて本当に感動しました。後日手紙も書いてくれて、それは一生の宝物にしようと思います。きっと二十歳までの10年もあっという間で、これから本格的な反抗期になると思いますが、このことを思い出して乗り切っていきたいです。

投稿者:kurowassan | Posted in 紹介 | No Comments »

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

ぽかぽかネットワーク

カレンダー

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

記事バックナンバー